読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバルマクロ投資にうってつけの日

株、債券、金利、通貨、コモディティに関する投資メモ

ポンドの価値は上昇するのではないか?

ポンドの価値は上がるよりないのではないか。

米国以上のインフレ率と米国よりも1%低い金利は、改めて考えると先進国とは思えないほど緩和的だ。米国でさえ十分に緩和的なのに、これがこのまま放置されるのだろうか?

ユーロ圏も利上げを待つ状況になった。ECBが利上げしたらどうなるだろうか。ユーロの価値は上がるだろう。相対的に、ポンドの価値は下がるだろう。したがって、ユーロ圏に隣接する英国の輸入物価は上がるだろう。つまり、英国はユーロ圏からインフレを輸入することになる。

ユーロ圏の次に多い輸入先はどこか?調べると案の定アメリカである。海を挟んだ反対側も、状況は同じだ。利上げ。英国はアメリカからもインフレを輸入しなければならない。

そうすれば、2%の物価上昇率は3%に向かうことになるだろう。

 

どうしてこれが放置されるのか?EU離脱というショックに備えているからだ。でも、EU離脱なんて誰でも知っていることだ。誰でも知った上で、物価は上昇している。

つまり、備えすぎなのだ。BOEは近いうちに利上げしなければならない。

 

ポンドの価値上昇に賭けるとして、反対にどの通貨を売ったら良いだろうか?ある通貨を買うのなら、別の通貨を売らなければならない。パンを買うときには円を売り渡さなければならないのと同じように。

価値の下がりそうな通貨は何か?思いつかない。

少なくとも価値の上がりそうにない通貨は?円である。日銀は日欧にあわせて利上げができそうもないし(そんな根性があるわけがない)、何より身近であるところがよい。

 

ということで、ドル売り円買いを決済して、円を売ってポンドを買う。確信を持てるほど検討していないが、どうなるのか興味がある。いずれにしても、何かを考えて行動するのは良い兆しである。